ホーム - New Zealand Immigration Lawyers and Advisers /ニュージーランド政府公認移民アドバイザー : ニュージーランド政府公認移民アドバイザー/移住、永住、ビザ情報、申請代行、コンサルテイング

YISのサービス特徴

YIS(Yoko Immigration Service) はオークランド大学法学部を終了したYoko Cavanagh(Suzuki) 代表が設立した移民コンサルテイング会社です。 設立から10年経った現在、一つ一つのケースを大事に扱い、お客様が理想とするビザ取得という目標を達成する為に、YISの長年の豊富な経験を最大限に活かした申請代行業務を御提供させて頂いております。 YISのサービスは申請前のアドバイスからビザ取得までの全過程に於いてのビザ申請代行を承らせております。 特にYISは年々厳しくなりつつある技能部門(Skilled Migrant Category)での申請には移民局の最新審査傾向に対応すべく、綿密な証明;書類作成の指示やアドバイスに力を入れております。 又、弊社独自のサービスとしまして

1:元移民局ビジネス支局にマネージャーとして勤務していた移民局オフィサーが経営しているマーケテイング;ビジネスコンサルテイング会社と提携しておりますので起業家;投資家部門での申請に関しては他社に無い強力なサポートを御提供する事が可能です。

2:元リクルートに勤務しておりました就職先ハンテイングのエキスパートと提携しておりますので、こちらのサポートを利用する事により、ビザが無いから NZ雇用主から雇用されない→NZ雇用先が見付からなければビザが申請;取得出来ないの悪循環ループから抜け出す事が可能です。

就職サポート

弊社の提携するジョブハンターはとにかく一般の方が行うジョブハンテイングとは180度ポテンシャル雇用主へのアプローチ方が違います。

彼のサポートを御利用された方は全員、Kiwiの雇用先を得てビザ申請に成功しております。

皆様全員、NZでの職歴無しです。

Electrician、Software Developer, Engineer, Hair Dresser, Chef, Accountant, Distribution Manager, Farm Manager等、多岐に渡る職種をサポートして参りました。

現在の所は日本からの就職サポート御申し込み→就職先取得→ビザ申請;取得の方とNZでの学校を終えて1年間のオープンワークビザを保持している間での就職サポート御申し込み→就職先取得→ビザ申請;取得の方と2パターンが主です。

どうしてもNZ永住を実現したいしかし技能部門での永住権申請に繋がる就職先が見付からないという方は是非御相談にお越し頂ければお力になれると思います。

就職サポート成功例はこちらを御覧下さい。

(成功例1:Electrician/電気工事士) 

(成功例2:Computer Network and Systems Engineer)

(成功例3:Clinical Phycologist)

(成功例4:Accountant)

フランチャイズ

弊社の御紹介させて頂く売り上げが非常に良いフランチャイズ事業を買い取る事で年間NZ$700,000-800,000の売り上げを確保する事が可能です。

こちらの事業購入者はEntrepreneur Plus Work Visa(起業家プラス部門でのワークビザ)を取得している方もいらっしゃいます。

Entrepreneur Plus Work Visa(起業家プラス部門でのワークビザ)というのは通常の起業家ワークビザはポイントが120以上であれば投資金額最低NZ$100,000で申請可能ですが(その代わり事業設立後2年間売り上げを事業計画書通りに上げないと永住権申請が難しくなります)、こちらの特別起業ワークビザ部門では投資金額がNZ$500,000以上必要であるのと、事業設立後、NZ市民権/永住権保持者を半年で3人以上フルタイム雇用したという証明が必要となります。しかしながらこれらの証明があれば永住権申請が可能となりますので通常の起業家部門の様に2年間売り上げを気にして永住権申請を待つ必要が無くなるという事になります。

起業家部門と投資家部門サポート

YISの起業家部門サポートでは多岐に渡るビジネス形態の起業希望者の起業家ワークビザ(Entrepreneur Work Visa)をサポートして来ました。

レストラン、建築会社、カフェ、ICT 製品輸出入、玩具店、留学エージェント、ビジネスコンサルテイング、ICTコンサルテイング、ツアー会社等。

又、弊社の御紹介させて頂く売り上げが非常に良いフランチャイズ事業を買い取る事で年間NZ$700,000-800,000の売り上げを確保する事が可能です。

こちらの事業購入者はEntrepreneur Plus Work Visa(起業家プラス部門でのワークビザ)を取得している方もいらっしゃいます。

YISは元移民局ビジネス支局のマネージャーが経営しておりますビジネスコンサルテイング会社と提携しております。このビジネスコンサルテイング会社と提携する事に依り、以下のサービスを御提供する事が可能です。 1:起業家ワークビザ申請に必ず必要な予定起業事業に関するサービス;商品の詳細に渡るマーケテイングリサーチ;事業計画書(50〜100ページ程になります) 2:最新の起業家部門でのポリシーやビジネス支局の最近の審査傾向等のアドバイス 3:ビジネス支局の好む事業形態や逆に嫌う傾向のある事業形態のアドバイス 4:申請者の方のバックグラウンド等から判断したお勧めの事業形態のオプションに関するコンサルテーション 5:起業から事業開始までのパッケージとしてのサポート 6:事業内容の改善点や売り上げ向上へ向けてのビジネスマーケテイングコンサルテイング 7:NZ企業でのお勧めの投資先の御紹介 等、この他にも色々なサービスを御提供する事が可能ですのでビジネス関連での申請を御希望の方はお気軽に弊社までお問い合わせ下さい。

投資家部門ではNZ企業でお勧めの投資先を御紹介させて頂く事が可能です。

技能部門(SMC)永住権申請

YISは技能部門(SMC)での永住権申請にも定評が有ります。昨今のSMC審査はどんどん厳しくなってきております。特に申請者のポジション名と業務内容がANZSCOにリストアップされているものとほぼ一致しているかを事細かく調べる審査状況になって来ております。それではどの様に申請者の業務内容がANZSCOの内容と一致しているかどうかを証明出来るというのでしょうか? YISでは特にこの点に関して詳細な証明書類作りのアドバイス;指導をさせて頂いております。 又、申請者の雇用主の財務状況や申請者自身の年収;英語力等も審査の行方を決める大事な要素の1つとなります。 そしてまだエッセンシャルスキル部門でのワークビザ申請の段階から将来のSMC申請に備えて十分に対策を練っておく必要も有ります。何故なら移民局は永住権審査の段階で過去の記録も全て遡ってチェックするのと、ワークビザの段階からSMC申請が可能となる適正なポジション;業務内容を視野に入れた形でビザを取得する必要がある為です。

最近急増のChefでの申請者が陥り易いSMCの罠

Read more

Contact

©2016 Y.I.S Yoko Immigration Service Ltd. All Rights Reserved
Powered By Crescentek